正しく綺麗にドラムを叩ける絶対にやるべきこと

こんにちは!!



アニメ好きドラマーでんです!



今回は
綺麗なストロークのやり方
についてお話しますね。



練習中にスティックが
思っていた方向と違う方向に
跳ね返ってしまったり、



またドラムが上手い人の音と
自分が出す音の違いに
気になっているあなた。



ドラムが上手くなりたいという
思いがひしひし伝わってきます!



僕自身も、なんでこんなに
出ている音が違うのだろう?
と悩みましたし



この叩き方で正しいのか?
正しいフォームってなんなんだ?

と暗中模索で練習していました笑



一つわかったことというのは
きれいな叩き方ができないと
いい音は出ないという事です。



ドラムのプロが打楽器を触れば
どんな楽器であれ
抜けの良い綺麗な音を出せます。



それは正しい叩き方
綺麗な手の使い方で

楽器を鳴らすからなんです。



また綺麗で正しいフォームで
叩けるドラマーは見ていて
気持ちいいですよね!!



f:id:denden-biz-001:20180427185656j:plain



観客側として気持ち良い。
ということはあなたが
プレイヤー側に立ったときに



観客の視覚と聴覚を通して
気持ちの良い演奏を
しなければいけません!



つまりはドラムを始めた
初心者の今のうちに



綺麗で正しい姿勢を
身につけなければいけません



今回はその中でも
腕を振るストロークについて
効果的な練習をご紹介します!



このストロークが出来ていなければ
悩みの部分でもいいましたが
綺麗な音が出ないだけではなく



無駄な力が入ってしまい
脱力の妨げになる。
(脱力が出来ていない証拠)



スティックコントロール
効かなくなって
落としてしまう可能性もある



曲も叩ける様になってきた、
初心者もそろそろ卒業の頃に
ストロークについて意識し始める人は



本当に遠回りで
時間を無駄にしています。



結果的に
「歴は長いけど、別に
たいしたことないなぁ。」

「先輩だけどそんなに
うまいように見えない」

「なんか響いてこないよな」



と周りから言われてしまい
期待されなくなってしまいます。



f:id:denden-biz-001:20180427185501j:plain



どうせ長い時間を練習に費やすなら
綺麗で正しいフォームを
身につけながらして下さい!



毎日の練習の中で
このストロークに対する意識を
持ち続けるだけで



あなたは一ヶ月で基礎を
体に叩き込み、将来的には



誰もが憧れるドラマー
に近づくことが出来ます!!



では脱力もしながら
いい音を出して、見た目も良い
綺麗なストロークのやり方を

今からお伝えします!



やることはたった2つ!
しかもスティックも何も
必要ありません!



STEP1
バンザイをした状態で
体を一直線にピーンと
力を入れて伸ばしてください



STEP2
力んでいる1の状態から
肩から崩れるように
腕を落として

太ももを叩いてみて下さい!



この動きが綺麗なストローク
感覚を養ってくれます!!



そして慣れてきたら
そのままスティックを握って



実際に練習パッド等に
打ち込みましょう!



今すぐに



力いっぱいバンザイして
脱力して腕を振り下ろす



ことをして下さいね!!



あなたが気持ちよく、
かっこよく叩ける様に!



最後まで読んでいただき
ありがとうございました!!



アニメ好きドラマーでん



今回の記事で分からないことがあれば
ぜひコメントで聞いてくださいね!